Home > [Perl][CPAN] Data::Dumper についていろいろ
Blog

[Perl][CPAN] Data::Dumper についていろいろ

  2006/12/20  

perlのデータ構造をデバッグ時にチェックする時によく使うCPANモジュール Data::Dumper ですが、細かく調べるといろいろオプションがあるんですねー。

インデントぐらいしかつかってなかった気がするので、メモメモ。



Perlメモ/Data::Dumperモジュールより



Indent

インデントを0(なし)、1(固定幅)、2(自動可変幅)、...で指定できる。デフォルトが2だが、1が見やすい気が。またファイル出力であれば0でも良い。

Terse

変数名の出力を0(省略しない)、1(可能であれば省略)で指定できる。デフォルトが0でこちらの方がevalでは確実に扱えるが、表示だけのためであれば0が見やすい。

Sortkeys

キー項目のソートを0(ソートしない)、1(ソートする)で指定できる。デフォルトは0だが、1の方がずっと目当てのキー項目を探しやすい。




$Data::Dumper::Indent = 1;
$Data::Dumper::Sortkeys = 1;
print Dumper(@_);


Perlベストプラクティス

Perlベストプラクティス

Comment on this article

Send comments
  ※ Email will not be published