Home > [Linux][samba] 共有フォルダに接続できない (NT_STATUS_NO_SUCH_GROUP エラー)
Blog

[Linux][samba] 共有フォルダに接続できない (NT_STATUS_NO_SUCH_GROUP エラー)

  2009/05/18  
Linuxサーバ(Debian etch)を再起動したらWindowsマシンから Samba の共有フォルダに接続できなくなっていた。

別に何かした訳でもないのに、何で? 困った。

とりあえず Samba のログみてみたら、↓こんなメッセージがでてた。


-----------------------------------------------------
[2009/05/18 10:47:28, 0] auth/auth_util.c:create_builtin_administrators(785)
create_builtin_administrators: Failed to create Administrators
[2009/05/18 10:47:28, 0] auth/auth_util.c:create_builtin_users(751)
create_builtin_users: Failed to create Users
-----------------------------------------------------

色々ぐぐって見たところ、
http://d.hatena.ne.jp/n9d/20070716
http://www.route20.org/jo/linux/87-samba3028-createbuiltinadministrators.html
$ sudo net groupmap add NTgroup='Administrators' UNIXgroup=adm sid='S-1-5-32-544'
$ sudo net groupmap add NTgroup='Users' UNIXgroup=users sid='S-1-5-32-545'
$ sudo net groupmap list

とのこと。しかし解決しなかった。これが原因ではないらしい。うーん。

そこで、Linuxからは繋がるのかな??とsmbclient でアクセスすると NT_STATUS_NO_SUCH_GROUP エラー。
Windowsのグループが存在しないエラー???

結局、winbindd という見慣れないプロセスを停止したら直りました。
特に使ってないので、消しちゃいました。
<del>$ sudo apt-get remove --purge winbind</del>

どうやら、wineインストール時に一緒にwinbindが入っていたらしいです。

http://www.route20.org/jo/linux/87-samba3028-createbuiltinadministrators.html
実際は、smb.conf の host msdfs と msdfs root を OFF にすることでエラーが出なくなる様子。
※デフォルトで「host msdfs」がONになっていた。

Comment on this article

Send comments
  ※ Email will not be published