Home > Blog > basercms > 【baserCMS】ログファイルへの出力を使ってデバッグを行う【CakePHP】

Blog

【baserCMS】ログファイルへの出力を使ってデバッグを行う【CakePHP】

この記事は2019年baserCMSアドベントカレンダーの記事です。

baserCMSはCakePHPをベースにしているので、CakeLogの機能がそのまま使えます。

Ajax処理などデバッグなどで画面上でデータが確認できないときなど、ログに出力してデバッグしたりできます。

CakePHP 2.x Cookbook:ロギング

出力先は


(ドキュメントルート)/app/tmp/logs/xxxx.log

になります。(debug.log や error.log など)

 

Controller、View、Modelの場合

具体的には以下のような感じ。


// CakePHP クラス内でこれを実行
$this->log("何か動作しなかったよ!", 'debug');

 

最後のパラメータは省略すると'debug'なので、


$this->log($xxxx);

 

配列やオブジェクトもそのままログに出力されますので、デバッグ時はログにだしまくろう!

それ以外(Libなどstaticな場合など)


CakeLog::write('debug', '何か動作しなかった');

 

こんな感じですが、配列やオブジェクトは出せないので、


CakeLog::write('debug', print_r($xxxxx, true));

 

とかやると、$this->logのときと似たような動作になるので、おすすめです!

参考ページ

Comment on this article

コメントはまだありません。

Send comments

必須
必須  
※ メールアドレスは公開されません
任意
必須