Home > Blog > 【自作】macbookにキーボードをのせる為のキーボードブリッジを作ってみました

Blog

【自作】macbookにキーボードをのせる為のキーボードブリッジを作ってみました

キーボードブリッジってなに?

ノートPCの上に外付けキーボードを置くためのカバーみたいなのをキーボードブリッジというらしいです。

 ←こういうやつみたいです。

参考 https://www.pfu.fujitsu.com/direct/hhkb/hhkb-option/detail_pz-kbbrg.html

 

最近macbookのキーボードの一部キーの調子悪くて、外付けキーボード使ってたのですが、ついつい本体のキーボードの位置に手がいってしまい、あっとなってしまって。

なんとかならないかな、と思ってたところに「キーボードブリッジ」なるものがあることを知りました。

手っ取り早く買ってみようかと思い、幾らくらいするのかなー?って調べてみると意外とお値段がする…。(3000〜4000円ぐらいみたい)

でも、これって、ただのアクリル板+αじゃね?と思ってググってみると、予想通りというか、自作されている方も多々いらっしゃるようでした。

てことで、早速作ってみました!

材料はプラモデルのジオラマとかに使おうとしてたアクリル板のあまりとか、手元にあるありあわせの材料で作ったので新しく購入したものは特に無しです!

 

材料とか工具とか

Pカッターと定規。

このPカッターは小学生ぐらいからプラモ用に使っているものなんで、かなり年期が入ってます。

しかしカッターの刃さえ変えればまだまだ使えます(^^)

ヤスリ各種。

金属用のヤスリは中学生の頃の技術家庭の授業で使ったもの。(実は裏側に学年クラス名前がー)
スポンジのヤスリは100均で買ったものです。
ピンクのは爪を磨くやつですがこれでテカテカになります。
電動工具のペンサンダーは作業時間が短縮できて便利便利。

アクリル板。

パソコンのサイズを図ってみると、300 x 180 x 30 (mm) のアクリル板を少しカットすればちょうどいい感じのサイズでしたのでこれを使いました。

(写真撮り損ねたので既にカットする予定のラインがうっすら入っていますが…)

100均で売ってたゴム足。

滑り止めになれば何でも良さそうです。

コルク板の切れ端とかでも良かったかもです。

サイズはかってカット!

今回使ったアクリル板はそこそこ厚みがあるので、Pカッターで何度もカットする線を丁寧に入れていきます。

厚みの2/3くらいまで行けば、後はパキンと簡単に割れます。

市販のキーボードブリッジはHHKB用みたいなんで少し大きめですが、今回載せようと思ったキーボードはmagic keyboardとかそれと同じくらいのサイズのキーボードだったので比較的小さめです。

300 x 120mm でスパッと直線にカットするだけでいい感じだったので手抜きしてます。

カットした断面をきれいに整えるのと、四隅の角を丸めるだけで済ませました。

最後に裏側の四隅に滑り止めのゴム足を取り付ければ完成です!

使ってみました

サイズもちょうどよく、いい感じに収まりました!

これでガシガシコードが書ける…はず。

あと、

https://www.pfu.fujitsu.com/direct/hhkb/hhkb-option/detail_pz-kbbrg.html

本製品を乗せたままでノートパソコンを閉じないでください。

これだけは気をつけなければ。

https://takahashiharu.com/mac-hi-tosinnku-kowareru

まぁ、形状が形状だけど気をつけないと悲惨なことになりそう…。gkbr

おまけ

まぁ、ちょうどよい感じのスペースと背景があるんだし、こうなっちゃいますよね(何が)

デジラマ風にPC画面を背景にして撮影っ!

 

Comment on this article

コメントはまだありません。

Send comments

必須
必須  
※ メールアドレスは公開されません
任意
必須